お問い合わせ お問い合わせ

直鞍次世代産業研究会 2021年度(令和3年度)定例会等の概要

令和3年度 8月例会 要旨
「次世代研究会新規入会企業の紹介と意見交換会」

期  日:8月 2日(月)  17:00~18:20
場  所:直鞍産業振興センター(ADOX福岡 別館) 研修室
出席者:14名
      藤永会長、石田部会長、谷口部会長、藤田部会長、藤春部会長、
      ㈲渡辺鉄工・阿比留、㈱アリオンシステム・魚住、㈱ネビジョン・田原、
      岩崎(商工会議所)、後藤・尾崎(直方市)、中野・中村(事務局(ADOX))

1.会長あいさつ
  次世代研究会へ、IoT関連企業が2社入会されました。
  今後のデジタル化に向けて、会員との連携を図って頂ければと思います。

2.新規入会企業自己紹介
 ①株式会社アリオンシステム  直方営業所長 魚住 健二 様
   本      社:岡山県岡山市  https://www.alion88.com/
   事業内容: 1.システムインテグレーション
                      2.インターネット/アプリケーション開発
             3.福祉・教育
             4.カーボン、エネルギー
   ㈱アリオンシステム・パンフレット

 ②株式会社ネビジョン  直方支店長  田原 文博 様
   本      社:広島県広島市  http://nevision.co.jp/
   事業内容:1.ソフトウェア開発
             2.サーバの構築・保守
    直方支店には3名で対応
   ㈱ネビジョン・パンフレット

3.意見交換会
 〇教育、学童、習い事等情報共有に対するIoT活用について
  ・ネビジョンは、全国子ども会連合会、広島市(県?)子ども会連合会と連携している。
    情報共有、ITリテラシー(情報技術を使いこなす能力)、交通の情報 等連携
     →双方の情報交換が必要
  ・例えば教育 「直方市の自然の情報を集める。」
    ITで情報収集 → AIで分析
    子供達にCOについての教育 → 数値から統計へ発展させる。

 〇農業 情報をどのように分析するか?
  ・直鞍地域の農地は面積が狭く、区画整理がされていない。
   → ドローンの活用が出来ない(北海道等とは異なる)
     小さな面積からの開始をする事で、今後の展開へ繋げていける。
  ・美味しい農作物を育てるには??
      要因:味、種まき、肥料、炭酸ガス 等色々関係するが、数値化できていない。
      例)トマト 甘いが硬い ← 何が望まれているのか分析の必要性??

 〇行政 IoT活用について
  ・商店街:無人スーパーへの対応 ICタグ(低価格化)→ユニクロの自動会計
  ・公共交通:費用が掛かる バスの位置情報 乗る人とバスの双方向対応が必要

4.その他
  別に無し

令和3年度 総会(書面開催)(2021.4月)

 今年は総会を開催することとしておりましたが、ご承知のとおり新型コロナウイルス感染症の状況
等を鑑みますと、役員会において、近々の実施については不可能と判断いたしました。
 
 つきましては、昨年度に続き異例でありますが、令和3年4月に本年度の直鞍次世代産業研究会
総会の書面開催をさせていただき、『書面決議書』は、全会員の72.4%で承認の返信をいただく
ことが出来ました。よって、2020年度事業・決算報告、2021年度事業・予算計画等は承認されま
したので御報告いたします。

 なお、本年度計画しております各事業につきましては、今後の状況を見ながら開催時期の調整や
インターネットを活用した講演会など、三密を避ける工夫を行い活動を展開していきますので、皆様
方の御協力をお願いします。

総会提案議題資料へのリンク

総会書面議案説明書へのリンク

メール・お電話でのお問い合わせはこちらから